クレジットカード 比較 審査

最近のクレジットカードのお得な活用方法

クレジットカードの正しい選び方と賢い利用方法

最近のクレジットカードのお得な活用方法 » クレジットカード申し込み » 法人口座を利用して効率的に法人クレジットカードを作るための審査基準

法人口座を利用して効率的に法人クレジットカードを作るための審査基準

法人クレジットカードは企業や個人事業主などを対象として発行されるクレジットカードです。

 

一般的なクレジットカードとの大きな違いは、使用者が複数存在するという点にあります。法人クレジットカードは企業において社長や社員など複数の人たちに使用されることを想定しており、使用者ごとにカードが発行されます。様々な法人クレジットカードが存在するので、効率的に作成するにはホームページなどを確認して比較検討することが重要です。

 

法人向けのクレジットカードは使用者が複数存在しても引き落としは法人口座で行われます。そのため様々な目的で使用しても法人口座により支払いを一本化できるというメリットがあります。

また利用明細書は発行されているカードごとに作成されるので誰がいつ、どこでカードを使用したかを簡単に知ることができます。経理業務を効率化できるというメリットも存在します。

 

メリットが多い法人カードの基準とは

法人クレジットカードを作成する際に重要なる審査基準は業歴と経営状態、固定電話の有無です。

 

大企業が作成する場合は問題にはなりませんが、中小企業や個人事業主が作成する場合には固定電話の有無も審査基準とされます。業歴は基本的に3年以上あることが必要です。また経営状態は2期連続黒字であることが求められます。

 

法的に株式会社は資本金が1円でも設立できます。確実に法人が存在することを確認するために固定電話の存在が重要となります。個人事業主などでは3年以上の業歴があっても固定電話がないと審査を通過できない場合があるので注意が必要です。

 

法人クレジットカード審査が参考になりました。

 

 

この記事に関連する記事一覧

サーチ
テーマ
最近の投稿