クレジットカード 比較 審査

最近のクレジットカードのお得な活用方法

クレジットカードの正しい選び方と賢い利用方法

ホーム

キャッシングは法律によって限度額が決められている

融資可能なキャッシングの金額は、法律に基づいて決まった金額があります。

 

その法律とは貸金業法と呼ばれているものであり、融資金額は年収の3分の1までとされています。

 

この決まりは、総量規制という名称がついています。

 

年収の3分の1までは、1つの金融会社ごとの金額ではなく、その時に借りている各金融会社の合計です。

 

一例として、年収240万円の人がいたとします。

 

この人の総量規制は3分の1の80万円です。

 

年収から、総量規制を計算する方法はほとんどの人がわかっていますが、そこからさらに一歩深く理解する必要があります。

 

別の金融会社から70万円の融資を受けている人は、総量規制まであと50万円しか残っていません。

 

ただし、総量規制とは貸金業法の法律です。

 

信用金庫や銀行は貸金業法の対象ではないので、総量規制は適用されません。

 

銀行法と、信用金庫法が、それぞれ銀行と、信用金庫の法律になります。

 

法律

クレジットカードに使う法律は?

クレジットカードはその用途に応じて使う法律が変わります。

 

ショッピングに使う時には割賦販売法、キャッシングに使う時は貸金業法です。

 

つまり、クレジットカードのキャッシンク枠は、年収の1/3以下になるように事前に決められています。

 

金融会社に申し込みをして、キャッシング融資を受ける場合には、法律に関する知識があったほうが便利です。

クレジットカードは手数料やポイント還元などを比較する

クレジットカードは、カードごとに特典サービスが設定されていますので、カード選びの際によく調べておくといいでしょう。

 

自分のライフスタイルに合ったクレジットカードを選択することで、よりお得に利用できるようになります。

 

クレジットカードの中には、年会費無料のカードや、ポイント特典がついているカードなどが存在します。

 

いろいろな選び方がありますが、年会費無料のクレジットカードは一番多く選択されています。

 

クレジットカードで決済をした時は、何回払いにするかで、かかる手数料が異なります。

 

基本的には、クレジットカードの手数料がつく時とは、リボ払いや、分割払いなど、支払いの回数を複数回に分けた時です。

 

支払いの負担と、手数料の金額を考慮に入れた上で、クレジットカードをどう使うかを考えましょう。

 

 

af0100005453

手数料は無駄

 

手数料がかかると、頻繁にクレジットカードを利用する人にとっては余計な費用がかかることになります。

 

ポイントがつくタイプのクレジットカードを使っている人も多いようです。

 

量販店や旅行会社、交通機関、通信会社など、さまざまな種類のクレジットカードが取り扱われています。

 

普段から買い物をする機会が多いお店や、サービスと提携しているクレジットカードを使うと、ポイント還元率が高まります。

 

ポイントでもらえる景品や、サービス活用のために、クレジットカードのポイントを少しずつ貯めていきましょう。

クレジットカードを賢く利用するために必要なこと

クレジットカードについては、よくない印象を持っている人も

少し前まではいましたが、この頃はそうでもないようです。

 

クレジットカードの発行も、かなり容易になりました。

 

正社員として働いていない人でも、申込みをすればクレジットカードをつくることが可能です。

 

一般の人でもクレジットカードを持つことが当然になって、

カードが身近な存在になっています。

 

かつては、クレジットカードの使いすぎが問題視されたこともありましたが、

そういった人も少なくなりました。

 

クレジットカードの賢い利用方法

どんなことに注意をしてクレジットカードを使うべきかにも関心が持たれるようになり、

クレジットカードを正しく使うことが当たり前になっています。

 

カードを利用する人が快適な使い方ができるように、クレジットカード会社の方も

工夫をこらしており、限度額の設定などがしやすくなりました。

 

手持ちの現金が心許ないときでも、クレジットカードを一枚財布に忍ばせてあれば、

それで買い物ができたり、サービス等が利用できます。

 

クレジットカードを使うようになったことで、金銭出納のチェックが

しやすくなったという人もいます。

 

 

情報が電子化され、参照しやすくなった影響も大きいようです。

 

カードを利用していくらの買い物をしているかも確認でき、

今月は使いすぎているかどうかなどもわかりやすくなっています。

 

クレジットカードを使った買い物も、ローンも、

お金を借りているという事実はどちらも同じことです。

 

随時、返済の予定や金額を把握できるようにしたことで、

無理なく返済ができているかどうかを確認することができています。

 

クレジットカードの特性を生かした使い方をすることで、

ショッピングやローンを使いつつ、ポイントをためるようにもなっています。

 

比較的簡単に出来るカードを利用したキャッシングの方法

近年では、キャッシング用のカードを発行してもらい、借り入れや返済を行っているという人が大勢います。

 

手軽にキャッシングをしたい人にとって、キャッシングカードを利用した融資は

 

とてもやりやすいので、重宝しているようです。

 

金融会社も、キャッシングカードをつくるところが増えています。

 

カードを使うことで、簡単なATM操作で融資や、返済ができるようです。

 

キャッシングのためのカードを金融機関から発行してもらうには、どんなことをすればいいでしょう。

 

キャッシングカードの作成方法

どの会社の融資を受けるか、決めることからスタートします。

 

理想は、金利の低いキャッシング会社を選んで、少ない利息で借りられるようにすることです。

 

金利のちょっとした違いでも、借りたお金を返すために必要な金額が変わりますので、

 

金利の低さは大事なところになります。

 

それ以外には、安心してお金が借りられるところか、

 

返済しやすくなっているかなどを確認するといいでしょう。

 

 

借りる金額が高額な場合や、完済まで長くかかりそうな時は、

 

高金利の融資を受けると利息の返済が大変です。

 

申し込みは、キャッシング会社の窓口まで直接行ったり、無人契約機を利用したり、

 

ネットからの申し込みが可能であったりと、色々とあります。

 

申し込み後の審査で、金融会社側から融資可能と判断されれば、

 

キャッシングカードが送付され、融資が受けられます。

 

申し込み後、すぐに融資を受けなければいけない決まりはありませんので、

 

とりあえずキャッシングカードだけつくるという考え方もあります。

 

クレジットカードでポイントを賢く貯める

クレジットカードの中でポイントがたまるものが最近増加しています。

 

上手にポイントをためるには何かコツはあるのでしょうか。

 

クレジットカードのポイントの入り方はカード会社によって異なり、たまり方もまちまちです。

 

100万円分の買い物をして2万円分のポイントがたまるカードもありますし、3000円分しかたまらないカードもあります。

 

自分が使っているクレジットカードのポイント還元率は、どうなっているのかチェックしましょう。

 

クレジットカードの使い方が同じでも、あるカードと、別のカードとでは、ポイントの入り方が全く違います。

 

それならば、できれだけ還元率の高いカードを選択したいものです。

 

クレジットカードでポイントをたくさん貯めたいのであれば、普段使っているクレジットカードはなるべく効率よくポイントがたまるものを選択することをおすすめします。

 

クレジットカードが使用できるようになっているところは最近とても増えています。

 

可能な限りポイントをためるために、極力買い物の時にはクレジットカードを使うという方法もあります。

 

公共料金や新聞代、医療費や光熱費の支払などさまざまな場合で、クレジットカード払いが利用できます。

 

最近はコンビニでもクレジットカード払いができるところが増えています。

 

ポイントを溜めるために、クレジットカードを使う局面を増やしていきましょう。

 

 

サーチ
テーマ
最近の投稿