クレジットカード 比較 審査

最近のクレジットカードのお得な活用方法

クレジットカードの正しい選び方と賢い利用方法

ホーム

法人カードの特徴と申込時の審査内容


法人カードとは、法人向けのクレジットカードのことで、事業に必要な経費の支払いに使えるのが特徴です。

法人カードと言っても、個人事業主の方も経費の決済に使えますし、小規模な法人の代表者の方でも使えます。

 

法人カードは、経営者本人しか保有できないタイプもありますが、従業員や一緒に仕事をしている経営者の家族も保有できるタイプもあります。

 

ETCカードや旅行保険、損害保険が付帯されている物、空港でのサービスが充実しているカードも見られます。

キャッシングは認められず、ショッピング利用のみのカードがほとんどです。

 

 

法人カードのメリットと作成方法

 

法人カードのメリットは、経費や支払いをカード払いにまとめられることです。

経営者自身で経理処理や決済処理をしなくてはいけない場合も、出金のタイミングが1回になるので、口座にお金を用意すれば、口座引き落としで支払えるため非常に楽になるでしょう。

 

また、現金払いの特徴としては、その場で支払わなくてはいけませんが、カード決済にすることで、支払いのタイミングを遅らせることができます。

最長で1ヶ月半程度延ばせますので、支払いに必要な資金を用意することも可能になります。

資金繰りを考えて借入をして、資金ショートのリスクが生じるよりも、安全性の高いビジネスカードを利用した方がおすすめです。

 

作成方法は、申し込みはネット申し込みができる法人カードもありますが、原則として、本人確認の書類や会社の経営状態を見る申告書等の提出を、郵送でやり取りするため取得するまでに時間がかかります。

 

個人向けカードよりも審査内容が深く、経営者本人の信用と事業所や会社の規模を元に合否が決められます。
法人カードの中には、個人事業者向けで限度額が低めであれば、審査内容がある程度軽減される場合があります。

決算書や確定申告書のコピーが不要のため、独立したばかりの事業主でも保有しやすいでしょう。

 

http://www.icbqansp.net/が参考になりました。

 

電話連絡なしでお金を借りたいならどんなカードローンがよい?


電話連絡なしでお金を借りたい人に共通するのは、ローンの利用を会社や家族に知られたくないことです。

 

カードローンはプライバシー性の高いローンであり、ほとんどの人は周りに内緒にして借りたいと考えています。

 

会社や自宅に連絡がくると、ローンの利用がバレると考えるからでしょう。

 

電話連絡なしでお金を借りたい場合は、電話連絡・在籍確認なしと記載されているローンを選ぶのが一番です。

 

また連絡方法を指定できる場合もあり、自宅の固定電話に連絡がくるのは困るという方は、携帯・スマホ連絡を指定できます。

 

金融機関は個人名を名乗ってくれますが、それでも気づく人は気づいてしまうものです。

 

電話連絡なしのカードローン選び方では、必ず連絡なしとは限らないことを注意点として覚えておきましょう。

連絡が来る場合が多いので注意

基本的に100%連絡なしのローンはなく、必要に応じて連絡がくることもあります。

 

ここは金融機関側が臨機応変に対応してくる部分であり、例えば友人が借りたときは電話連絡なしでも、自分のときは連絡があったというケースもあります。

 

お金を借りたい人は連絡はあると考えて借りたほうが無難と言えるでしょう。

 

会社への在籍確認に関しては、事前にクレジットカード契約をしたので在籍確認がくるかもしれないと話しておけばよいのです。

 

クレジットカードなら多くの人が所有しており、お金を借りるよりもイメージはよいはずです。

 

ローンのわからない部分に関しては、金融機関に直接連絡をして聞いてみるのが一番よいでしょう。

 

 

職場への電話連絡なしでお金借りたい時のキャッシング方法が参考になりました。

 

 

1 2 3 15

サーチ
最近の人気記事